学童保育を選ぶ際の基準を把握しておく

子供の目線に立って選んであげる必要がある

必ず設備の部分をしっかりと調べてから、学童保育を選ぶようにしましょう。価格や場所で学童保育を選んでしまう人がたくさんいますが、それでは子供が満足できる環境が整わない可能性があります。お金を支払うのは親になるので、金銭的な部分を気にするのは当然になりますが、なるべく子供が満足できる環境が整っている場所に、預けてあげるようにしましょう。どんな人でも共通をする部分になりますが、なるべくきれいな場所の方が、安心してその場所で過ごせる傾向があります。あまりにも汚れているなどの場合は、自分が満足できる環境で生活をするのが難しい傾向がありますが、それは大人も子供も同じになります。あまりお金がないので、多少汚れている環境で、子供生活させるのも仕方がないと判断してしまう親もいますが、価格が安い場所でも、しっかりと清潔な環境が整っている場所があるので、必ず確認をしてあげるようにしましょう。親目線で選んでしまうと、子供が満足をすることができないなどの場合が増えてしまうので、選ぶ場合は子供の目線に立って選択をするようにしましょう。

少しでも横になれる場所があるか確認をする

また清潔な環境かと言う以外のにも、しっかりと調べなくてはならない部分があるので覚えておきましょう。どんな部分を確認する必要があるのかと言いますと、子供が体調崩してしまった際にしっかりと対応できる場所が存在しているのかになります。あまり大きな規模で行っていない学童保育の場合は、子供預かるスペースしか確保していない場合があります。これでは子供が具合が悪くなってしまった際に、横になる場所がないので、さらに悪化してしまう可能性があります。狭い場所を選んではいけないと言うわけではありませんが、必ず横になれるスペースなどが存在しているのか確認をする必要があります。非常に簡易的な場所でも良いので、横になるスペースが存在している場合は、安心して子供預けられる場所だと判断して良いでしょう。

子供のことを1番に考えてくれている場所を選ぶ

どこの地域で選択をする際も共通する部分になりますが、必ず子供のことを1番に考えている学童保育を選ぶようにしましょう。利益目的で行っている場所もありますし、本当に親の力になりたいと考えて営業している場所もあります。利益目的の場所を選んでしまうと、自分の子供が良い環境で時間を過ごせなくなるので、預けた自分が後悔をしてしまう状態になりかねません。子供も自分もその場所を選択して良かったと考えられるような場所を、見つけなくてはならないと覚えておきましょう。

ピックアップ記事一覧