学童保育ってどんなもの?利用の注意点とは

学童保育ってどんなところなの?

お子さんが小学生になるのを機会に学童保育を検討されている保護者の方もおられるでしょう。「放課後、子供を預けたいな。でもどんなところかよくわからなくて不安。」という方もいるかもしれませんね。そもそもは放課後、保護者が働いている場合の子供たちの居場所という位置づけになっています。設置管理者自治体やの管理のもとで運営され、「学童クラブ」などの名称で呼ばれることもあります。常駐の学童指導員が子供たちの指導をし、勉強や遊びなどの面倒をみてくれます。

カリキュラムはどんなものなの?

学童指導員は子供たちにとって「学童の先生」という感じですね。教職免許は特に必要とされていませんが、基本的に子供と接することが好きな方で、子育ての経験や子供に関するボランティア経験のある方が担当しています。大半が教職や保育の有資格者であるケースが多いですね。その指導員のもとで、子供達は学校の終了時から夕方の5時~6時までを過ごします。中にはおやつや食事の提供があるところもありますよ。小学校で行っている学童保育や高学年の場合は自分での帰宅もありますが、民間の場合は送迎サービスや親のお迎えが一般的ですね。特に、民間の学童では、ダンスや書道など、子供たちが興味のある講座を選択できるようなところもあるようですよ。また、勉強面のサポートをしっかりやってもらえるところも民間では増えてきました。なので、学力アップを期待する場合は民間の学童に入るのも1つの方法でしょう。遊びの面でいうと、年間の行事として、お泊り会や遠足、季節的な催しをすることもありますね。

休日の過ごし方と学童保育のメリット

学校の休業日や長い休みのときには、子供達は朝から学童に通います。お弁当を持参する場合と手作りでの提供、仕出し弁当などがあります。あらかじめ確認しておくと良いですね。イベントなどは長期のお休みの際に行うことが多いようです。公営の場合は地域のイベントへの参加が多い場合もあります。地元の活動に積極的に参加できることは、子供たちにとっては良い経験となるのでメリットの1つですね。また共働きの保護者にとって夏休みなど長い休みでも子供を1人にしておくことなく、安心して預けられるので良いですね。夏休みの最終日に大量の宿題を残すという心配もないかもしれません。また、大きな子供たちが小さな子の面倒をみてあげる習慣が自然に身に付くのも大きなメリットでしょう。放課後の子供同士の集団遊びが減ってきている中で、このような体験が自然にできることは貴重なことかもしれませんよ。

ピックアップ記事一覧